石油ストーブやファンヒータの特集です

(文中に追記しました)
暖房が恋しい季節です。
横浜は、ここ2,3日は寒さが緩んでいます。

田舎の富山では、9月に実家の草むしりに戻った時、
降り続く雨で、朝起きた時に寒くて石油ストーブや
エアコン暖房を使いました。

地域や、天候、自分の体調などで、寒さの感じ方が
違うものです。

さて、震災の影響で、石油ストーブの売り切れが
一時話題になりましたが、今はどうでしょうか。

(追記 2013.09.30)
この記事を書いてから、2年経ちましたが、

東北大震災後、原発停止やら、原油価格上昇で
電気の供給状況が大変悪くなっています。

電気代は上がりっぱなし。
電力供給がいつ止まるかが、夏も冬も綱渡り状態。

今年の夏は猛暑でした。
今度の冬は厳寒かもしれません。

 日本はもはや温帯地域ではありません。
 シベリア寒気団がちょっと南下しただけで大変な寒さ。

 天気の変動がものすごく大きくなってきたのは
 もう肌に染み付きつつあります。

 気候の変動に対しては、
 残念ながら現在の科学では後追い分析するだけ・・


古い施設も含めてフル稼働している火力発電所が、
2、3箇所でも事故で停止したら、
日本中が大騒ぎになるのは間違いなし。


本当に庶民は辛いですよね。
電気だけに頼っていると、凍死の危険も!?


灯油にしても、値段は上がりっぱなしで、
いつ供給がストップするか不安な要素がありますが、

石油ストーブやファンヒーターを購入し、
灯油を備蓄しておくのが、自己防衛手段の一つです。


023527.jpg

ヒーターの炎は、暖かさを直に感じることができます^^



以下に、石油暖房器具のリンクを張っておきます。
興味を持たれた方、購入を検討されている方は利用してください。

楽天の石油ストーブ特集です

楽天の石油ファンヒータ特集です

amazonの石油ストーブ特集です

amazonの石油ファンヒーター特集です

以下は、エアコンとの経済比較です。灯油の価格が高い時は
エアコンが有利とのこと。
寒い地方では、石油ストーブの前でじっとしているのが
一番あたたかいですけどね。
http://www.danbokigu.com/itiran/sekiyu-stove.html

(追記 2013.09.30)
この経済比較を掲載した時点と、今とでは、
状況がかなり異なってきている感じです。

電気代も、灯油代も、それぞれ上昇。

  物価が上がっている指標(消費税揚げの判断基準)に
  されているのを聞いて呆れてます。これは脱線^^;

政府は一人ひとりを助けてはくれません。
経済比較よりも、自己防衛の方が重要かもしれませんよ!

電気はいつ止まるかわからない、
震災が来なくても災害が起こる!?
これは、もはや、起こりうる人災だと私は思います。


⇒ こちらは石油ストーブを紹介したサイトです

この記事へのコメント

スポンサーリンク


全記事一覧