Whisky Whisky(ウィスキー)のスペルについて

ウィスキーを英語で書くと二通りある。知ってました?
今日、知人から教えていただきました。

Whisky

Whiskey

違いがわかりますか?

そうです。”e”のあるなしです。

「Whisky」とつづるのは、
スコッチウィスキー、カナディアンウィスキー、日本のウイスキー

「Whiskey」とつづるのは、
アイリッシュウィスキー、米国のウイスキー

などです。

ウィスキーの発祥地はイギリスですが、

「そもそも、アイルランドとスコットランドからの移民たちが
移民先に広げていったのが、名前に残っているのではないか」

とのこと。

スペルの違いに歴史を感じる、なんて、奥深いですね。

詳しくは以下のホームページをご覧になってください。
http://suiken.militaryblog.jp/e3635.html

私自身は、ウィスキーの味には、とんと疎いです。

ちょっと辛いとか、ちょっと後味が甘いとか、
その程度で、おはずかしいかぎりです。

このごろはウィスキー離れが進んでいるとのこと。

チューハイ、ビール、その関係など、いろいろ開発し販売されていますから
ウィスキーが押されるのは、しようないのかもしれません。

でも、
ウィスキーは、水割りでもホットでも、とても美味しいと思います。

私は、焼酎に一時凝っていましたが、このごろは、
とても安いウィスキーをおいしくいただいております。

ウィスキーも少しずつ新しい商品を開発しています。

今では、「トリスウィスキーBLACK」が、
癖がなくてお勧めだと思っています。

4リットルのペットボトルが割安です。
以下に広告サイトをリンクします。よろしければどうぞ。

楽天広場での出店からです->


アマゾンでの広告です->








この記事へのコメント