日食メガネを捨てないで!

金環日食が見える日が近づいてきました。

ネットで、日食メガネを見るとほとんどが売り切れ!
さすがにブランド品
Amazon.co.jp 金環日食観察グラス SUN CATCHER-XII (日本製 高品位遮光プレート使用 JIS規格準拠)
がまだ入手可能ですが、
これからはお近くの書店などで見つけられたらどうぞ
という状況のようです。

---
さて、読売新聞に以下の記事が載ってました。

太陽が月に隠れてリング状に輝く今月21日朝の金環日食。
観察には専用の日食めがねが必須だが、

国立天文台は「観察し終わっても日食めがねは捨てないで」と呼びかけている。

金星が太陽の前を横切る珍しい天体現象「金星の太陽面通過」が6月6日、日本各地で観察できるからだ。
前回の2004年6月から8年ぶりだが、次回は105年後にならないと見られない。


 この現象は、太陽と金星、地球がこの順で一直線に並んだときに起こる。
東京では6月6日午前7時10分ごろ、太陽面の左上に「ほくろ」のような金星が見え始め、
斜め右下に向かって少しずつ移動。約6時間半後の午後1時47分ごろに太陽面から出る。

他の地域でもほぼ同じ時間帯に観察できる。

(2012年5月16日15時01分 読売新聞)

---
太陽の磁極の4極化、金環日食、金星の太陽面通過
いろいろ、珍しいことが起こります。

これが地球への吉兆となればいいですねわーい(嬉しい顔)



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック