ハンドシュレッダーを買いなおしました

ハンドシュレッダーって何だと思いますか?
不要になった紙を手作業で細切れにするための道具です。

個人情報が記載されているけど不要になった紙を、
他人に読まれず廃棄するために、使います。

我が家でもめったに使わないのですが、
住所や個人名の記載された、明細書、封筒などが溜まると、この道具の登場です。

細切れにするというのは本当で、縦10数ミリ、横数ミリの砕片にしてしまいます。

かなり手間がかかって、A4サイズ1枚を処理するのに、
ハンドルを30回ぐらい回すんですかね。

ハンドルを回すのにも結構力が要ります。髪の厚さにもいろいろあります。
はがきくらいの厚さですと、そうとうに力が要ります。

紙が斜めに挿入口から入ってしまうと、紙が寄って2枚分に重なって
なかなかハンドルが回せなくなることもしょっちゅうです。

そうなっても、力任せにハンドルを回して、処理していきます。
だんだん面倒臭くなってくるんですね。

ところが、先日の作業では、とうとうやりすぎて、ハンドルを
取り付けている金属の心棒が折れてしまいました^^;

こうなると、もう廃棄するしかありません。
まだ処理前の紙は残っています。

どうしようかな?
選択肢
 1. 手で破く
 2. ハンドシュレッダーを買ってくる。

ネットで、ハンドシュレッダーを調べました。
今度は簡単には壊れないものを。

条件は、A4サイズの紙2枚が一度に処理できるものです。

おどろくべきことに、ほとんどありません。
見つけた唯一のは、ナカバヤシ 3ウエイハンドシユレツダ ブラック NSH-302D
価格が2500円くらい。

まあいいか。散歩がてら、島忠まで歩いて、行ってきました。
20分ほど歩いて、到着。

幸い、ありました。試し切り。
他のシュレッダーでも試し切り。

たしかに、切れ味は、
ナカバヤシ 3ウエイハンドシユレツダ ブラック NSH-302Dがいいです。

電動のも試しましたが、ちょっと大きすぎるのでパス。
当初の目的のものを買って帰りました。

使い勝手は、良かったですよ。
あっという間?に、30分ほどで処理終了。

しばらくは、部屋の隅で、次回に備えておやすみ中です。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック