ヘルシオ炊飯器の新しさはどこにあるのか?

洗米から炊き上げまで、
旨さの秘訣は”かいてん”にあり。

とのキャッチコピーに魅かれていました。

発売日が、当初のアナウンスより遅れたこともあり、
開発の苦労があったのか?と勘繰ってみたり^^;


いくつかのネット情報を見て、大体の仕組みはわかりました。

--

お米を入れれば全自動で、おいしいご飯が炊ける!?
そんな夢想と、そんなバカな!というのが半々でしたが、

ちょっと外れ。


手順としては、

「最初のとぎ汁は、手で内釜を持って、水を速やかに
 捨てること。」 重い鉄の釜がまを持って作業する。

 第一印象は、面倒そうだし、大変そう!でした。


 この、米を研ぐ面倒さで、我が家では、
 ずいぶん前から、無洗米を使っています。

 でも、
 ”米のとぎ方で、栄養がなくなったり、残ったりする”
 そういうコピーを見せられると、

 ちょっとムムムですね^^;


----
最初の洗米作業のあとは、

かいてんユニットのおかげで、
お米のとぎから、炊飯まで、自動です^^。


お米を上手にかき混ぜながら、おいしく炊き上げてくれます。

まんべんなく熱を通して炊き上げ、
吹きこぼれをなくして、うまみを最後まで逃がさないとか。

ここら辺は、確かに、理屈にかなっていて、
おいしいご飯がいただけそうな気になります。


それにしても、
ご飯をかき混ぜながら、炊き上げるなんて、
すごい発想をしたものです!!


中で作業する、”かいてんユニット君”は
ずいぶん熱いでしょうね。ご苦労様です!



---
こういう新しい技術に、
我々ユーザーが追いついていけるかどうか?

今後の推移を見守りたいと思います。


以下、半分冗談ですが、

水道管と排水管を炊飯器に取り付けることで、
お米さえ入れれは、あとは全自動!!

そういう、
ロボット炊飯器の登場も夢ではない!!

シャープさん、応援してますよ!!





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック