電池がどれでもライト

読売新聞3月1日朝刊の広告欄で、目にとまりました。

単1形から単4形まで電池一本で点くLEDライト。


確かに電池一本なら、その辺にある家電製品には
必ずと言っていいほど使ってます。

  テレビやビデオデッキのリモコンなんかにね。

ありそうでなかった、アイデア商品ですね。


パナソニックのホームページから
仕様を一部転載します。

電池寿命
■乾電池EVOLTA 約85時間30分※1
(単1形:約50時間 単2形:約25時間 単3形:約8時間 単4形:約2時間30分)

■パナソニックアルカリ乾電池 約66時間15分※2
(単1形:約40時間 単2形:約18時間 単3形:約6時間30分 単4形:約1時間45分)

■パナソニックマンガン乾電池ネオ 約36時間※3
(単1形:約22時間 単2形:約9時間30分 単3形:約3時間15分 単4形:約1時間15分)


  単4形だと1、2時間程度が目安です。

  ランタンで一晩持たせるには、
  単3形アルカリ電池一本は確保しておきたいものですね。


明るさ
懐中電灯使用時:約200 lx(1m前方電池初期値(乾電池EVOLTA単1形使用時))
ランタン使用時:約3 lx(50cm前方電池初期値(乾電池EVOLTA単1形使用時))

 3ルクスとは?
 -> 照度と明るさの目安

 -> 薄暗い室内ってどのくらいの明るさ(何ルクス)なのでしょうか?

 ろうそくより暗く、豆電球?ぐらいの明るさ?








この記事へのコメント


この記事へのトラックバック