aigo HDMI切替器 LEDライト maxifresh Queen U-MO USB USBひざ掛け USBカイロ USB加湿器 USB手袋 USB給電 あたたかい あたたかインナー あったか あったか肌着 いのちの歌 おせち おもちゃ おわら風の盆 お歳暮 かに こころ旅 こたつ ささら さば つみき はがす ひざ掛け ひとつ ひとり用こたつ ふかひれ ふるさとは今もかわらず ふるさとは今も変わらず ほたるいか ますの寿し ゆがみ アカパックン アルカリイオン水 インナー ウィスキー ウォーキング エアリーシェイプスマート エコ エヴァンコ カイロ カップル カニ カブラ寿し カレン カーネーション カーペットクリーナー カーペンターズ ガン ガーデニング ギフト クイーン クッション クッション購入 クリスマス グルメ グループサウンズ ケーキ コシヒカリ コメ コロッケ コンパクト サイモンとガーファンクル シュレッダー ショッピング シーリングライト シール ジャッキー・エヴァンコ ジュリー ステテコ ストーブ ソーラー タイガース タイガー魔法瓶弁当箱 タラバガニ チャングンソク チューハイ チューリップ チーズケーキ ツインパック デジカメ デジタルカメラ デジタル一眼レフ ドリーム ニーム ネット販売 ノート ハイブリッド ハンドシュレッダー バレンタイン バーガー パイプ パル・システム ファッション ファンヒータ フォークル フレディ ブラックラーメン プレゼント プロジェクター ヘアキャッチャー ヘルシオ炊飯器 ペット ペット用毛布 ホタルイカ ポピュラー音楽 マット マフラー ミズノ ミラーレス メモロール メラミンスポンジ メラミンフォーム ランタン レディガガ ワイルドワンズ 三社祭 中古パソコン 中華街 井波 低反発 佐世保 保温 保温型弁当箱 保温弁当箱 備蓄 先生 八戸 再発売 冷温 前夜祭 加山雄三 加瀬邦彦 加藤和彦 北陸 呉羽梨 和食 夏川りみ 夜高祭り 大学ノート 大門素麺 子は親の背中を 宇治抹茶スイーツ 宿 富山 富山のおせち 富山観光 山口百恵 幼稚園 座イス 弁当箱 彫刻 復興 復興支援 愛妻の日 懐かしのビデオ 成人の日 手くびサポーター 手袋 接写 断熱シート 新沼謙治 新米 旅行 日の出 日本酒 日本食レストラン 日比谷花壇 日野正平 日食グラス 日食メガネ 昆布ジメ 時代の証言 暖か 暖房 書きこむ 村治佳織 椎名林檎 武道館 母の日 毛布 毛糸パンツ 水炊き 水電池対応LEDライト 氷見うどん 池田綾子 沢田研二 浴槽洗い 混浴 渡辺晋 温かグッズ 温める 温快サポーター 湯たんぽ 激落ち 無接点 燻製 父の日 玩具 球根 生協 生協の宅配 生姜紅茶 産直 真空ランチボックス 着る毛布 知育 矯正 石油 砺波 福袋 福野 秋のお勧め 秋川雅史 空気圧 窓用省エネスプレー 立山 立山連峰 立山黒部アルペンルート 竹内まりや 節電 美容 腰痛 腹巻パンツ 花のプレゼント 花の贈り物 花粉対策 花粉症対策 薄くて伸びる 衣服 詰まり 貼る 贈り物 越中八尾 足温器 足首 足首ウォーマー 金星 金環日食 釜めし 鉄板入りスリッパ 銅器 長崎 長渕剛 開拓者たち 防災 防災グッズ 防災用品 雨晴 雪の宿 電動アシスト自転車 電動シュレッダー 電気ひざ掛け 電気カーペット 電気マット 電池がどれでもライト 震災 震災復興 韓国 食材 骨盤 骨盤補正 高岡 髪の毛ポイ 髪の毛除去シート 髪の毛集めてポイ 魔法瓶弁当箱 鱒の寿し 鶴瓶 黒部ダム HOTMAGIC PCいらない蔵 USBグッズ

加瀬邦彦さんと加山雄三さん

2011/11/21 17:19
永遠の若大将、加山雄三さんのテレビ番組を見ました。 武田鉄也のショータイム「加山雄三」です。 私がカラオケで歌う歌手の中で、一番好きな人。 番組では、「君といつまでも」「旅人よ」「夜空の星」 「海、その愛」などが流れます。 全部好きです。歌えますよ。 でも「君といつまでも」のセリフ部分は、 加山さんでも恥ずかしそうに歌ってますが、 わたしには恥ずかしすぎて、飛ばしてしまいます・・ 以下は、番組を見て、印象に残ったところです。 ・上原謙、..

続きを読む

加瀬邦彦さんと時代の証言者(6)

2011/11/19 23:47
読売新聞朝刊の「時代の証言者」という枠で、 加瀬邦彦さんが語っておられます。 11月19日付け記事は、「新バンド70歳の挑戦」です。 前回の「音楽での大きな夢」とは、 新しいグループを作ることでした。 名前は「加瀬邦彦とオンリーワンズ」 7人編成で、メンバーは加瀬さんの70歳から、22歳まで。 ボーカルで29歳の吉植未央(よしうえみお)ちゃんは、 「加瀬さんは少年みたいだから問題ありません」と話します。 加瀬さんは、 「1960から..

続きを読む

加瀬邦彦さんと時代の証言者(5)

2011/11/17 15:05
読売新聞朝刊の「時代の証言者」という枠で、 加瀬邦彦さんが語っておられます。 11月17日付け記事は、「楽しき家族と膨らむ夢」です。 加瀬さんの家族は、奥様と男の子二人です。 ・奥様との結婚当時のいきさつなど、   これは、ちょっとした、おのろけ? ・長男の公貴さんが「勤めていた会社を辞めて幼稚園の   先生になりたい」と言い出した時のやり取り  そのやり取りが印象に残りました。 『僕(邦彦さん)が、「もらえるお金は少なくなるよ」と話..

続きを読む

加瀬邦彦さんと時代の証言者(4)

2011/11/16 09:02
読売新聞朝刊の「時代の証言者」という枠で、 加瀬邦彦さんが語っておられます。 11月16日付け記事は、「65歳の武道館ライブ」です。 以下、概略を紹介します。 加瀬さんは、ガンを克服してからワイルドワンズの仕事を 本格化させ、何回かライブを開いているうちに、 「もっと人の心を豊かにできたら」と思うようになり、 「65歳になったら40周年記念に武道館でライブをやろう」 と考えつきます。 周囲の大反対にあいます。 「人が集まらないだろう..

続きを読む

加瀬邦彦さんと時代の証言者(3)

2011/11/15 09:26
読売新聞朝刊の「時代の証言」という枠で、 加瀬邦彦さんが語っておられます。 11月15日付け記事は、「がん克服、気づいた天命」です。 グループサウンズの時代が終わり、 ジュリー(沢田研二さん)のプロデュースのかたわら、 ケネディハウスというライブハウスを始める。 はやっていたが、バブル崩壊後はご多分にもれず不景気。 追い打ちをかけるように、加瀬さんに胃がんが発見される。 (やっぱり過剰なストレスがいけないですね) 9時間近い大手術の3日後..

続きを読む

加瀬邦彦さんと時代の証言者(2)

2011/11/12 05:24
読売新聞朝刊の「時代の証言」という枠で、 加瀬邦彦さんが語っておられます。 11月12日付け記事も、7日に引き続き ジュリーこと沢田研二さんの話題です。 私が子供の頃なので、当時は全然気がつかなかった話が 「時代の証言」で再び語られました。 ジューリーは、 公の場で、女性用メークやヌ*ドを公開した、初の男性だそうです。 たしかにテレビを見ていてもTOKIOとか、次々と 目を奪い、驚かされていました。 あれをプロデュースしていたのが、加瀬..

続きを読む

もっと見る

スポンサーリンク


全記事一覧